Apr 03 2018

流通戦略が成功した「コーセー」

2018年現在、高付加価値化粧品とセルフ化粧品のどちらも順調なコーセーが業績をのばしています。 また、海外市場で新ブランドが軌道に乗ったことも寄与しています。 コーセーの業績が比較的順調に推移したのは、複数のチヤネルでブランドを展開する「選択的流通システム」がうまく機能したからと言えるでしょう。 価格帯や販売方法でブランドを区分するのではなく流通チャネルを細分化した上でそれぞれにマッチするブランドを提供するというシステムを採用してきました。いわゆる「選択的流通システム」というものです。 コーセーでは流通チャネルを化粧品専門脂、百貨店、ドラッグストアなど8つに分け、各流通チャネルに最適なブランドコンセプトを確立した上で商品開発を行ない商品を供給しています。 対面販売かセルフ販売かという二分法ではなく、それぞれ固有の特徴を流通チャネルにフォーカスした形でのブランド戦略を展開するのです。 ブランドをそのチャネルのすべてのお店で販売するのではなく、ブランドの特性やターゲットを考慮した上で、どのお店で扱うべきかを決めているのです。 2005年に立ち上げたロングセラーブランドの「雪肌精」の進化版である「雪肌精エクストラ」にもすでにファンがついてきています。 また、関連会社のアルビオンも業績が好調で、固定ファンが多いブランドとなっています。 宣伝広告も女性誌のみに絞っており、テレビのCMにコストをかけずに美容部員や販売店に投資して質の向上につとめています。 そのため、アルビオンの美容部員の質は高く評価されることが多くなっています。

Apr 02 2018

2018年現在の日本国内の化粧品業界2位「カネボウ」

業界第2位のカネボウは、2004年に新しくカネボウ化粧品として再スタートを切りました。 2003年には、花王と共同出資会社を設立する案や花王へ化粧品事業を完全売却する話が持ち上がったものの、交渉が難航を極め、結局カネボウは2004年に入り、産業再生機構の支援を要請しました。 もっとも、カネボウの化粧品事業の調子は決して不振というわけではありませんでした。 資産規模では約4000億円を超え、「優良」といえる財務状況を維持していました。 不調だったのは、繊維部門をはじめとする他の部門であり、それが経営の足を引っ張っていたのです。 カネボウの化粧品には、化粧品専門店専用ブランドとしては売上1位を誇る「トワニー」のほか、マスターゲットの「テステイモ」「レビュー」など好調ブランドがいくつもあり、イメージ戦略や商品開発においては優れた手腕を展開していたのです。 カネボウは最終的に花王を中心とする連合体によって、資金が投じられました。 それによって化粧品業界の勢力図は大きく変貌することになりました。 海外戦略については、すでにヨーロッパ、アジアなどで全49カ国に進出済みです。 79年に欧米からスタートした海外事業は着実に成長しています。 99年に北米市場に関する会社を設立し、2000年にニューヨークの高級百貨店に出店しました。 欧州とアジアで20年展開してきたノウハウを北米に導入したのです。

Apr 01 2018

2018年現在の日本国内の化粧品業界「資生堂」

日本には約2000社の化粧品メーカーがあります。 ただし、株式を公開している化粧品メーカーは少なく、同族経営の零細企業が大半です。 大手化粧品会社はシェアで見ると、資生堂、カネボウ、コーセー、花王がマーケットの6割が占められています。 なかでも、マーケットシェア第1位で、頂点に立つのが資生堂です。 百貨店の化粧品フロアでは、外資系のブランドが資生堂と同様の存在感を示していますが、こうした外資系ブランドの売上額は1ブランドあたりでも資生堂にはとうてい及びません。 国内の化粧品市場でトップを守っている資生堂ですが、その地位は少しずつ脅かされてきています。 90年代から通版チャネルで台頭した新興メーカーの影響も少なくありません。 強いブランドをいくつも抱えながらも、シェアの低下に悩む資生堂がいま取り組んでいるのがマーケティングの改革です。 商品を提供する各カテゴリーにおいて他を圧倒する強いブランドを育て上げる。 それが資生堂の目指す方向です。 また、順調に成長しているアジア事業はさらに強化を図る計画です。 なかでも中国を最重要国として位置づけていて、97年にアジアのミドル層を対象にしたセルフコレクションブランドを立ち上げました。 また、中国では現地生産の新工場を稼働し、販売拠点を強化しています。

Mar 21 2018

結婚指輪とウェディングドレスの仕立て直し

母から受け継いだリングをリフォームして使う人もいるでしょう。今までの思い出が詰まったリングを新世代のリングに生まれ変わりさせることがリフォームです。 結婚指輪の修理はセミオーダーと同じ要領で行います。古いリングでは、ダイヤモンドを除去し、セミオーダーのサンプルフレームに取り付けます。もしデザインを自分の好きなことに一新したい場合は、全体の注文のようにスケッチを描いてくれるのもアリです。また、あなたのダイヤモンドがある場合、セミオーダーの枠組みを利用して、結婚指輪に使用することができます。すでに思い出のダイヤモンドがある場合は、この方法がいいかもしれません。また、ウェディングドレスも少し手を加えれば使えるものもあります。ウェディングドレスの専門店で相談してみましょう。ちょっとアレンジを加えれば見違えるように変わることがあります。  

Mar 16 2018

ショップのあれこれ

 多くのレンタルドレスショップでははじめにドレスのコーディネーターやスタイリストなどのプロフェッショナルがあなたのドレス選びをサポートします。その時の担当者は最後まであなたを担当する担当制になっていることがほとんどです。たまに、担当者と馬が合わないとか、担当者のセンスと異なるドレスを選びたいという事があるようです。担当者の接客に満足できない場合には遠慮せずショップに相談しましょう。結婚式までの長い期間に渡って相談やお話をする担当者との信頼関係はとても大切です。不満があってもしっかりと対応してもらえるショップであれば信頼できることでしょう。担当者の交代は遠慮せずショップに申し出ることが肝心です。  ドレスの試着は1度ですべてが決まってしまう花嫁もまれに居ます。しかし、一般的には何度もレンタルドレスショップに足を運んで決まることでしょう。特に試着の回数に制限があるようなショップは少ないですが、やはり試着には体力や時間を必要としますから、2~3回で決まるように予め下調べしておくと良いかもしれません。しかし、試着の回数よりももっと重要な事があります。それはウエディングドレスを決めるまでの期間です。メインとなるウエディングドレスのスケジュールが決まらなければ、そこから選ぶ必要のあるお花やヘアメイクなどの準備期間にしわ寄せが来てしまいます。ドレスが最高のものを選んだのに花やヘアメイクがずさんでは元も子もありません。バタバタと結婚式直前に準備をすることが起きないためにも。ウエディングドレスは挙式や披露宴の三ヶ月前までには決めておくと良いと思います。  

Feb 08 2018

ドレスに合わせるバッグ

パーティーバッグも羽織物同様、アクセントになるアイテムです。派手ではいけませんが、ポイントで少しラメなどを使って輝きを持たせているものや、ドレスと対照的な色が入っているバッグを持つと、たたずまいがぐっと引き立ちます。また、羽織物とバッグの色を同じようにすることで、統一感が出るのでよりおしゃれな演出ができます。また、バッグはおしゃれを引き立たせるアイテムであると同時に、必要最低限のものを入れる道具としても考えた方がよいでしょう。最低でも財布、ハンカチ、化粧直しの最低限の化粧品が入る大きさを選びたいところです。一方、バッグにもいくつかマナーがあります。まず、派手なロゴの入ったブランドのバッグは、たとえ高級であってもあまり好ましくありません。また、ビニール製のバッグ、布製のバッグはカジュアルなものなので、結婚式という場にはふさわしくありません。また、ファー素材や皮革製品を使ったバッグは、殺生をイメージさせてしまうことから避けるべきですね。