Jul 16 2019
薬の継続処方

薬の継続処方

生活していく中で、意図不明な薬剤をなるべく排除するということは大切なことであり、多くの場合、処方医の判断によって減薬することがあるようです。しかし、一方的に医師が決定するのでなく、薬剤師との連携が必要と言えるでしょう。医師と薬剤師の関係というのは、あまり重要視されないことが多いようですが、とても重要な繋がりのため、医師を目指す人は気を付けてコミュニケーションを図るように心がけておくと良いでしょう。はまた、対象とする薬物を長い間服用している場合、患者の精神的影響も配慮する必要があるのではないでしょうか。いわゆるインフォームドコンセントが必要ですし、減薬後のフォローアップも重要となってくるでしょう。 意図不明な薬剤を継続的に服薬しつづけるという状況は、急性期医療機関から、非急性期医療機関への移行のときに生じてしまうことが多いようです。これは、急性期医療機関において対症療法として処方された薬剤が見直されず、その後も継続されてしまうといった場合があるからでしょう。代表的な例として、急性の症状を安定させるため、向精神薬や、対症療法として多く薬剤が必要となり、さらに消化器官への負担を減らす薬剤として服用する消化性潰瘍治療薬などを服用しなければならないなど、その数は相当数になってしまう場合があるでしょう。その後に病状が回復したのに服用を続けてしまわないためには、保険薬局の薬剤師が、薬手帳の情報などをもとに処方意図を明確に理解し、患者の状態に必要であるかどうか確認することが重要となってくるのではないでしょうか。また、 患者に対して服薬理由を確認することも大切でしょう。 英会話を学ぶ際にも、必要のない表現や単語などを使ってしまっては相手とのコミュニケーションがうまくいかないということも多いのではないでしょうか。しっかりと必要なものを必要な時に使うというのは、薬でも同様のことが言えるのではないでしょうか。

Jul 03 2019
婚活における秘訣

モテる女性の話し方

「悪気はないんだろうけど…恋愛対象にはならないかな」なんて男性の発言、気になりませんか?きっと悪い人とは思われていないのに、どうしても恋愛対象としてみられないことが多かったり、結婚が遅れてしまっている女性というのは、もしかしたら「鈍感力」を使いこなせていない女性なのだと思います。 最近は結婚後も共働きを希望する男性のほうが圧倒的に多いようで、ひと昔前は当たり前とされた女性の「寿退社」というものはあまり見かけることが亡くなったと言えるでしょう。結婚後も結婚前と同じように働くことが新しく「当たり前」として浸透してきているようです。そこで、働く女性が気をつけておかなければならないポイントとして「貫禄のある話し方」「男勝りなイメージ」といったことが挙げられるでしょう。現代の多くの男性は保守的な人が多く、ふんわりとした雰囲気を持つ女性を好む傾向にあるようです。そのため、バリバリのキャリアを持っていたとしても、雰囲気だけは隠しておいたほうが無難と言えるかもしれません。恋愛対象として考えたとき、お互いに結婚を視野に入れて考えるのではないでしょうか。その時、家でもこの調子で気を休められないというような印象を与えてしまっては、いつまでたっても恋愛対象に昇格することはできないでしょう。仕事はしっかりしていながらも結婚をした女性たちに話を聞くと、会話の秘訣として「ふんわりとした、まるでベールをかけるような話し方を心がけていた」というエピソードがあるようです。自分に嘘をつく必要はないですが、普段よりも少しだけこころに丸みをもって会話するのも良いのではないでしょうか。

Jul 02 2019
要する薬物

慎重な投与を要する薬物

薬の中には「慎重な投与を要する薬物に関してのリスト」というものが存在するようです。薬物有害事象を回避することを目的としていることはもちろんですが、リストの薬を回避することで服薬数を減少させ、服薬アドヒアランスの改善を目的としているようです。高齢者にとってこれらの薬物は、他の薬物に比較すると有効性と安全性の点で劣り、代わりとなる薬物があると判断されたものを指しているようです。薬物を一か月以上服薬する場合には、このリストを適用し、チェックしていくのが一般的とされているようです。 薬を変更した医師は、その旨を関連職種に告知することや、患者の状態を今まで以上に定期的に確認することも大切であり、保険薬局への通知も大切になってくると言えるでしょう。特に以前の処方に戻らないよう診療情報提供書を用いて通知することは必要不可欠であると言えるでしょう。医師のアルバイトであっても、その情報は共有されることが望ましいと言えるでしょう。 一般的に、処方を継続すると有害事象を起こす可能性が高い不適切処方をPIMsと呼んでいるようですが、日本の在宅高齢者患者の約半数がPIMsを受けているのが現実で、その内8%の患者に有害事象が認められてしまったという報告があるようです。医師と薬剤師がPIMsに対して共通した問題意識を持ち、「慎重な投与を要する薬物に関してのリスト」を有効に活用することが重要となってくるのではないでしょうか。しかし、リストを活用する際に、機械的に判断するのではなく、個々の患者の事情も考慮し「個々の患者に合わせた判断」が大切となってくるのではないでしょうか。 夫が自宅で介護をしていた83歳の女性が、褥瘡がひどくなり入院した例を見てみましょう。この時、入院をきっかけに服薬状況を調べたところ、介護している家族は薬について知識不足であり、薬の名前や服薬理由など不明な薬が多くあったしょうです。全ての服用薬を調べた結果、『高齢者の安全性薬物療法ガイドラインに記載されている薬を、一か月以上にわたり服薬していることが判明したそうです。その後は、薬の減量および変更などを行い、介護強化のために、介護サービスの導入をはかったそうです。 薬も英会話も、きちんと使いこなすには、生活の中で必要な知識を学び、不明な点等はすぐに解決しておくことが大切と言えるのかもしれません。

Jun 27 2019
コニーの英会話BLOG

英単語は意識して覚える

聞くだけということでは単語を覚えるのは難しいそうです。 やはり意識して覚えるという時間はとても必要だそうです。 また、例文を覚えたりとか単語の使い方まで考えていたら勉強を挫折しやすい状態になるそうです。 現実にできる範囲で勉強していかないと挫折してしまうそうです。 英単語は6000語ぐらい覚えておいて欲しいそうです。 これで英検準1級ぐらいの実力はつくそうです。 Toeic では600点以上はいけるかもしれないそうです。 英会話ができるようになりたいならば、これくらい単語を知っていた方がいいのかもしれないです。 目標を定めて徐々に覚えていけばいいので、リラックスして頑張るといいそうです。 どんなにたくさん英単語を覚えるときでも、基本は暗唱することだそうです。 また、単語の特徴を掴むというのもいいようです。 例文をそのまま覚える方法もあるかと思いますが、単語を単語としてどんどん覚えていったほうが効率的だそうです。 これが一ヶ月ほど経って、目標の単語を覚えていなくても次の段階に進んだ方がいいそうです。 直読直解というもので、英語を日本語に訳さずに英語のまま語順で理解するという方法だそうです。 英会話を理解しようとして、後ろから訳したりしますが、慣れてきたら前から読んでそのまま理解するようにした方が効率もいいそうです。 心配しなくても「thank you」「What is your name?」という文章を後ろから訳さなくても理解できるのと同じように、理解できるようになるそうです。 簡単な英語なら、すでに日本語に訳さなくてもできているということを念頭に入れて頑張っていけばいいかと思います。 直読直解は、音読やリスニングを練習することで、返り読みをしないという方法はすぐに身につくそうです。

May 24 2019
いけばな

剣山直し

いけばなにおいて、剣山はなくてはならないものです。しかし剣山は枝や茎などを刺して支えるため、使い続けるとダメージが与えられていきます。針が曲がっていくため、定期的に直しが必要になります。この剣山を直すための道具が「剣山直し(剣山おこし)」と呼ばれ、剣山同様に必須のものとなっています。 剣山直しは、一見銀色のスティックのように見えます。長さは鉛筆を半分にした程度で、二つの部品から成り立っています。部品の一つは、先がとがっており目打ちのような形をしています。針山に挟まったごみなどを取り除くことや、穴をあけるためにも使われます。掃除棒と呼ぶこともあるそうです。ごみの取り除きを行う際には、爪楊枝で代用もできるそうですが、金属の方が頑丈にできているので、掃除がやりやすいと言えます。もう一つの部品は細いストローのような筒状になっており、ちょうどとがった方の部品が嵌まる程度の太さになっています。この筒の部分を折れた針部分に差し込んで、針をゆっくりと垂直に起こしていきます。針は細いため、無理な力をかけないように注意しましょう。爪楊枝と違い、筒状になっている剣山直しは代用品が見付かりにくいそうです。針を傷つけてしまう恐れもあるので、剣山直しを使った方が安心と言えるでしょう。 二つの部品をはめこんで一つの剣山直しとしている物もあれば、一本の棒の左右についているものもあります。どちらも使い方は変わりませんので、自分の気に入った物を使いましょう。鈴がついているものが多く市販されており、中にはパールなどの石がついているものもあるそうです。金額は安価なものが多く、特殊な加工などがなされていない限りは1000円程度になるそうです。

May 24 2019
地図

地図を作ってみよう

微妙に差のある色を作るには、カラーパレットをダブルクリックして、色を作ります。等高線の間を塗りつぶすときなどに、この方法を使います。まず、等高線を描きます。等高線は、塗りつぶす色に近い色で、描くといいです。カラーパレットの中から、塗りたい色に近い色をダブルクリックします。[色の編集]画面から、[色の作成]をクリックします。カラーパレットで選んだ色のグラデーションから、使いたい色をクリックします。その後、[色の追加]をクリックして、同じ操作を繰り返して、[作成した色]欄に等高線間の塗りつぶしの色を入れます。最後に[OK]をクリックします。カラーパレットに、作った色の一つが設定されます。[色の編集]画面の[作成した色]の中から選んで、塗りつぶしていきます。 次に、ペイントで描いた絵をワードに貼りつけましょう。背景を透明にしないと、絵の背景が白色になって、後ろの文字や絵が隠れます。そのままワードにコピーして貼り付けるのではなく、いったん保存してから貼り付けます。 ペイントで地図を描いたら、メニューから[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択します。[名前を付けて保存]画面の[ファイルの種類]欄に、「JPEG」を設定します。ここで、色の数が256色以下なら、「GIF」を選んでもいいです。ファイル名を入力して[保存]をクリックします。[保存する場所]は通常、[マイドキュメント]フォルダの中の[マイピクチャ]フォルダになります。メニューから[挿入]→[図]→[ファイルから]を選択して、保存した絵を挿入します。挿入した絵を「前面」に配置します。[図]のツールバーから[透明な色に設定]を選択します。透明にしたい絵の部分をクリックします。指定した部分と同じ色の部分が、透明になります。