Month: December 2017

Dec 21 2017
レンタルドレス

レンタルドレスについて

女性にとって、ドレスを着る機会は少なくありません。ご自身が結婚式を挙げる際はもちろんですが、友人として、職場の同僚として、家族として出席する場合もあります。 例えばご自身が花嫁としてウェディングドレスを着用する場合、結婚式でのプランやサービスにウェディングドレスが含まれることも多く、ドレスはレンタルをする人がとても多いようです。その一方、結婚式に出席する場合となると事情が異なり、レンタルする人は圧倒的に少なくなります。この場合、ドレスを一着購入して、それを何度も着回す人が多く、レンタルするより効率的と考える人が多いからと考えられます。 しかし、体型、年齢といったことも影響し、自分が持っているドレスがいつまでも着られるとは限りません。また、季節やシチュエーションごとに、より適切なドレスがあるのも事実です。さらに、購入したドレスと同じようなドレスを友人も身につけていた場合、別の結婚式などでも同じになってしまい、少し気まずい思いをしてしまう人もいるようで、購入することが必ずしもお得とは言えない事情もあります。 また、ドレスは何も結婚式だけに身につけるものではありません。少し高級なレストランでの食事や、演奏会、または最近一般的になりつつある街コンやパーティーなどでもドレスは重宝します。その度ごとにドレスを購入していては、効率的でないかもしれません。 そこでここ最近、少しずつではありますが、レンタルドレスを利用する人も増えてきているといわれています。レンタルドレス業者の多くは、ドレスだけでなくそれに合うような付属品も用意しているので、トータルコーディネートできる点も魅力的になっています。

Dec 01 2017

モニター会で口コミサポーターを作ろう

モニター会お誘い手紙のポイント お客様モニター会のお誘いの手紙のポイントは、 ①多くのお客様の中から選ばせていただいた、自庖にとって本当に大切なお客様であるということ、 ②だからこそ、大切なお客様の声にこれまで以上に耳を傾けて、 さらにお客様にとってよいお庖であるためにどうしたらいいのかを模索している、という2点をお伝えすることです。基本的に「ご意見をお聞かせください」という趣旨です。 もうひとつのポイントは、合計3回のモニター会の3回すべてに出席してくれた方には、感謝の気持ちとして魅力のあるプレゼントを用意することです。できれば、お店ではなく環境を変えて個室のあるレストランでの食事会が理想です。 「経営への参加」を意識してもらう お客様モニター会の目的は、口コミが期待できるお客様から、自庖への率直な意見を発言していただくことです。お客様に「お庖の経営に直接参加している」という、これまでとは異なるお庖への愛情が芽生え、自庖の強力な口コミサボーターとなっていただくための取組みです。 初回はお客様のご意見、ご感想、改善点を聞き、2度目はそれらに対するお庖側の提案とそれに対するお客様の意見をお聞きします。最後にお客様モニター会を通してできあがった「新しい自庖のありかた」の発表、そしてモニターのお友達への紹介協力をお願いします。