Mar 02 2019
店舗デザイン

知的財産権と店舗デザイン

女性の活躍する場が多くなった現代、自分のお店を持ちたいという夢を抱えている女性も少なくないのではないでしょうか。自分のお店を考えるとき、女性なら特に店舗デザインというものにはこだわりがあるのではないでしょうか。店舗デザインというのも意匠である以上、知的財産権との関わりが生じます。資料として実在する店のデザインを参考にする際、経営者もデザイナーも盗作しないように注意する必要があります。特許庁の方針は知的財産権の保護を徹底することですから、今後も意匠権の対象が広がるものと予想されます。店舗デザインに関わる関係者の方々は、法的制約を事前に学んでおきましょう。 意匠権については、日本は決して先進国ではありません。文芸作品のそれは昔から意識されてきましたが、家電等に関して同様の権利意識が芽生え始めたのはつい最近のことなのです。ですからその他のデザインについては言わずもがなで、過去の優れたデザインが海外に流出する事態を見過ごしてきたのが実態です。店舗デザインも例外ではなく、悪質な盗作が相次いで発生してきました。特に和風の店舗デザインはクールジャパンの一つとしてブランド力を有することから、今後は一丸となって意匠権の保護に邁進するものと思われます。現に、意匠法改正案の提出も検討されているのです。 知的財産権の先進国である欧米を見てみましょう。彼らはパソコンやコーヒーを巧みにブランド化し、それらを販売する店舗のデザインも凝ったもので統一してきました。日本の消費者はその洗練されたデザインに魅了され、購買意欲を掻き立てられてきたのです。日本の企業もその後追いに懸命になっており、店舗デザインはマーケティングの重要な戦略として位置づけられています。ですから店舗の内装や外装に知的財産権が発生するという認識は業界内で確実に広まっており、各所で裁判沙汰になっています。過去には東京地裁も不正競争防止法を持ち出して、有名な店舗デザインの悪用を停止するように命じています。  

Feb 02 2019

ネット出版

女性の活躍する現代、会社勤めをしながらも「自費出版」で一攫千金を狙いたいといった方や、専業主婦ながらも、子育てなどのことを本として残したいといった方も少なくないのではないでしょうか。そこで、考えておきたいのが「クロスメディア」ではないでしょうか。これは、紙という媒体に限定せず、DVDやインタ ーネットといった複数のメディアへ効率的に出力し、さまざまな用途に展開していく方法のことを指しています。近年、目覚ましいインターネット化に付随し、デジタル化も急展開している状況と言えるでしょう。これにより、企業の広告活動といったものも、テレビやラジオ、新聞や雑誌といったような昔ながらの「マスメディア」ではなく、ネット広告などといった新しいメディアを活用していく企業が増えていると言えるでしょう。さらに、電子書籍やスマホ、タブレット端末といった新しい機器の発達により、それぞれのデータ化も急速に発展を見せていると言えるでしょう。 これは、印刷産業からしてみると、発展途上分野とも言え、急速な取り組みが必要と言えるようです。しかし、印刷産業では、デジタル化へのノウハ ウやスキルというものは紙媒体だけではなく、webなどのネットメディアにも変換しやすいことも利点であると言えるでしょう。ネットのコンテンツ制作などは、次世代型と言え、新しい商法として確立する動きが見られるようになりました。まずはネット公開からスタートし、デジタル印刷のテクニックを応用して紙媒体へという流れも視野に入れていくべきなのではないでしょうか。 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめがおすすサイト

Feb 01 2019

時短de英会話

近年、何のコンテンツにおいても「ながら〇〇」といった方法が注目されているのはご存知でしょう。特殊技能とも呼べる語学でもそれは例外ではないといえるのではないでしょうか。最近、話題となって、記憶に新しいと言う方も多いであろうと思われるのが「聞いているだけ」の英会話習得教材ではないでしょうか。何かをしながら「聞き流す」だけで、英会話が身につくと謡っている教材、一度は興味を持ったことがある方もすくなくないのではないでしょうか。 しかし、テレビCMなどで見るたびに、本当にただ聞き流すだけなのに効果が得られるのかどうか、少し不安という方がほとんどなのではないでしょうか。こういった教材でオススメしたいのは、無料視聴CDなどを試してみるということでしょう。確かに、まったく英語に触れることのない生活をしている方にとっては、無意味ということはないでしょうが、お試しが可能なのであれば、やってみるに越したことはないでしょう。キャンペーンによっては、有償版を試せる場合もあるので、多くの会社から比較検討するとよいでしょう。仕事に家庭にオシャレにと忙しい女性なら、少しでも簡単に効率よく語学力が取得できるのは嬉しいですよね。似たような会社や教材をいっぺんに資料を集めてみるのも悪くはないでしょう。無料で体験してみてから、自身に合いそうであれば購入するもよし、ちょっと続けられなさそうであれば別の方法を考えるなど、決して安くない英会話取得にとっては嬉しい判断材料と言えるでしょう。効果については、ゼロとは言いませんし、すごくいいとも言いかねます。それは、それぞれのライフスタイルや、合う、合わないという点が大いに関係してくるものであると言えるからです。ぜひお試ししてみて選びましょう。具体的に海外旅行などがきまっているなどの目標があるかたは、迷っているよりまず行動してみましょう。ビジネスにとっても欠かせない英会話、是非自身に合った方法で取得していけると良いですね。  

Jan 18 2019
内定者フォロー

理念教育を深める内定者フォロー

目指すべき人材採用のポイントのひとつは、理念共感を深める内定者フォローである。 考えの中心を理念が伝わることにして、採用活動を行うと、理念共感度の高い人が集まる。したがって選考へと至る候補者も、自然と理念に共感してくれている人、あるいは共感している度合が高い人となるわけだ。 理念への共感度が高いということは、会社に好意をもっていることと同じである。会社のことが好きな応募者であれば、内定後のフォローも最小限で済む。その結果、フォローの負担が減ることになる。 手厚いフォローやイベントを検討し、内定を出した後の離脱を防ぐ対策をしている企業も少なくない。だが、それらが非効率的な採用活動の延長線上にあるということは見過ごせない。 また、レクリエーションイベントの紹介だけでは、連絡を取る必然が生まれにくいのだ。優秀だと認める人には早めの内定を出す企業が多いが、内定式までのフォロー期聞が長くなると、結局、連絡を取る必然がなくなってしまう。そうするうちに、いつの間にか他社を受けられてしまって、大手企業が内定を出す頃に、内定辞退通知が届くということがよくある。 理念に深い共感を示し、自社に深く共感してくれている人であれば、フォローや教育の効果が高まる。根底にある目的や目指すべきものを共有していることで、施策を理解しやすい。内定を出した後であっても、自社の理念や戦略などについての理解を深められる施策が必要である。自社の理念や戦略に即した事例を作成し、ワークショップをすると、企業の未来を考えるきっかけになる。 【徹底解説&比較】コスパ重視なIndeed代理店&基礎知識まとめ!

Jan 11 2019
過払い金の相談

過払い金はプロに相談

消費者金融系のカードに関する過払い金については、自身でなんとかしようとせず、法律事務所などを訪問し、その道のプロにお任せすることが望ましいのではないでしょうか。具体的には、消費者金融関係を専門としている弁護士であったり、司法書士と言った人にお任せしましょう。複雑な金額の計算や、消費者金融会社とのやりとりを全て代わりにやってもらえるということは、雑務的な負担が少ないだけでなく、気持ちの上でも心強いと言えるのではないでしょうか。この業務を担当してもらう弁護士さんには、最終的には報酬金を払う事になりますが、これは、自分自身に戻ってきたお金によって額が大きく異なるようです。必要経費と考え、心労や雑務を考えると、このように弁護士さんなどに依頼した方が得策であるといえるでしょう。消費者金融というものは、素人に対しては強く出ることができますが、法律・金融の専門家である弁護士や司法書士に対しては、そうはいかず、下手に出るほかないというのが実情なのではないでしょうか。そのため、積極的にこのような専門の人たちを頼り、過払い金の返還に取り組んでいくことが望ましいと言えるでしょう。特に、相手が女性であると分かった場合、消費者金融会社の態度はかなり強気で対応されかねませんので、多少お金はかかったとしても、プロフェッショナルに相談するのが最善でしょう。また、過払い金が戻ってくるほかに、現在の借金の残高を減らすということも可能な場合があるようです。こういったことも考えると、自力で対応するよりも、まずは相談してみるのが良いのではないでしょうか 。  

Jan 09 2019
プランディング

未だにマイナーな「プランディング」

ブランディングという概念は、日本においてはいまだに正しく浸透していな い。ブランディングという言葉を知っていても、内容を理解し実践している人はわずかではないだろうか。 ブランディングは、現代ではコピーやデザインが媒体間で統一されたプロモーションとして捉えられている傾向が強く、意昧がずれているといえる。もともと暖昧で難しい概念のために、正しく理解されていないのが現状である。ブランディングを構築するための一部分でしかないプロモーションには、「ホームページを格好良くしてブランディングする」などと言われることもあるが、それはブランディングの一側面でしかない。 企業活動の特徴として考えておかなければならないのは、「反復継続性」についてです。 反復継続できないものは事業とはいえない。少なくとも定期的に売り上げをあげられない以上、企業体として存続することはできない。そんな事情があるから、あらゆる企業は継続性について考える必要がある。どうすれば継続的に売り上げをあげることができるのかと考え続けることだ。 そのための方策として、ブランディングが活用される。中長期的な継続性をもつ効果のあるものを、短期的な効果しか生まないものよりも好むのは、いずれの企業でも同じである。採用においても、ブランディングが求められるのは、中長期的な成果が求められるからである。望ましい成果を得ることが可能なのは、ブランディングの発想を正しく理解し、実践すればのことである。