Mar 14 2019
骨壺

骨壺の選び方

納骨堂に納骨を依頼する際、遺骨を裸のまま預けるわけにはいきません。必ず専用の入れ物、つまりは骨壺に収めた状態で手渡すことになります。その骨壺の選び方をご存知でしょうか。大事な故人の遺骨を入れる壺ですから、適当に準備することだけは避けたいものです。ここでは骨壺について、簡単に説明することにします。 骨壺は大別して、全収骨タイプと一部収骨タイプとに分けることが出来ます。どちらを選ぶべきか、地域の習慣や宗派によって異なるため、事前に調べておくのが無難です。大きさも地域によって異なります。全収骨タイプなら、24センチ程度でしょう。一部収骨タイプであれば、18センチ前後が平均です。日本全体で見ると、関東以北は全収骨タイプが一般的であることが分かりますし、関西より西は一部収骨になっています。よくあるミスとしては、「少し大きめ」の骨壺を買おうとすることです。大は小を兼ねると考えての行動ですが、これには陥穽があります。納骨堂の納骨スペースはとにかく狭いので、大きな骨壺が入らないこともあるのです。遺骨を骨壺に入れただけでは解決しないという当たり前の事実を、きちんと認識しておくことが大切です。 骨壺にも当然デザインの概念があります。デザインの良いものが、大きさも妥当である必然性はありませんし、地域の慣習に馴染まないこともあります。例えば骨壺の蓋に特徴的な彫像があしらわれているものを見かけますが、大きさを考慮していないものもあり、場合によっては納骨できないことがあります。ただデザインを重視する人は、実用的かどうかを抜きにして、手に入れたいこともあるでしょう。その場合は、手元供養という手段が考えられます。 公園墓地のおすすめ:公園墓地.jp

Mar 04 2019
居抜き物件

店舗を経営する

女性の社会参加が盛んになっている今、カフェなどの経営に挑戦する方も少なくないのではないでしょうか。ここでは、最近よく耳にする「居抜き物件」の利用についてご説明しましょう。店舗経営者として、初期コストを抑えながらも、すてきな物件を取得するにはどうしたらよいのか悩まれることもあるでしょう。特に開店を急ぐ場合、じっくり比較検討する時間もありません。そこでお薦めするのが、居抜き物件です。居抜き物件とは、前の借主が原状回復工事を行っていない物件を指すのですが、上手く利用すれば、残された設備をそのまま使用することが出来るのです。特に喜ばれるのが、飲食店から飲食店に引き渡される場合です。キッチン設備をそのまま譲り受けることになるため、水回りやガス設備の工事を省くことが出来るからです。もちろん空調や内装も自由に使えるので、気に入ったものは初期費用に計上されません。その結果、コストは大幅に削減されます。但し他業主の借主に引き渡される場合は、却って原状回復工事分が余計に掛かる可能性があります。居抜き物件はこのように、初期のコストを大幅に抑えてくれます。開業資金を抑えられれば、ローンの返済が軽くなり、損益分岐点といった店舗経営者のノルマがハードルの低いものになります。また、設備をそのまま使えば開店時期を早めることにも繋がるので、工期を短くして家賃を減額できます。さらに副次的な効果として、前の店の客を取り込むことができます。前の店の常連客は、同じ場所に出来た現店舗の存在を知ることになりますから、それ自体が広告となるのです。さて、居抜き物件にもデメリットが存在します。それは、前の店の閉店理由が謎のまま残されているということです。店を閉じた理由は様々でしょうが、中には立地や客層に問題があって潰れた店もあるでしょう。考えられるデメリットが現店舗に影響しないように、物件の取得時点から注意しなければなりません。 実用的な店舗デザイン紹介のサイト:店舗デザイン.net

Mar 02 2019
店舗デザイン

知的財産権と店舗デザイン

女性の活躍する場が多くなった現代、自分のお店を持ちたいという夢を抱えている女性も少なくないのではないでしょうか。自分のお店を考えるとき、女性なら特に店舗デザインというものにはこだわりがあるのではないでしょうか。店舗デザインというのも意匠である以上、知的財産権との関わりが生じます。資料として実在する店のデザインを参考にする際、経営者もデザイナーも盗作しないように注意する必要があります。特許庁の方針は知的財産権の保護を徹底することですから、今後も意匠権の対象が広がるものと予想されます。店舗デザインに関わる関係者の方々は、法的制約を事前に学んでおきましょう。 意匠権については、日本は決して先進国ではありません。文芸作品のそれは昔から意識されてきましたが、家電等に関して同様の権利意識が芽生え始めたのはつい最近のことなのです。ですからその他のデザインについては言わずもがなで、過去の優れたデザインが海外に流出する事態を見過ごしてきたのが実態です。店舗デザインも例外ではなく、悪質な盗作が相次いで発生してきました。特に和風の店舗デザインはクールジャパンの一つとしてブランド力を有することから、今後は一丸となって意匠権の保護に邁進するものと思われます。現に、意匠法改正案の提出も検討されているのです。 知的財産権の先進国である欧米を見てみましょう。彼らはパソコンやコーヒーを巧みにブランド化し、それらを販売する店舗のデザインも凝ったもので統一してきました。日本の消費者はその洗練されたデザインに魅了され、購買意欲を掻き立てられてきたのです。日本の企業もその後追いに懸命になっており、店舗デザインはマーケティングの重要な戦略として位置づけられています。ですから店舗の内装や外装に知的財産権が発生するという認識は業界内で確実に広まっており、各所で裁判沙汰になっています。過去には東京地裁も不正競争防止法を持ち出して、有名な店舗デザインの悪用を停止するように命じています。  

Feb 02 2019

ネット出版

女性の活躍する現代、会社勤めをしながらも「自費出版」で一攫千金を狙いたいといった方や、専業主婦ながらも、子育てなどのことを本として残したいといった方も少なくないのではないでしょうか。そこで、考えておきたいのが「クロスメディア」ではないでしょうか。これは、紙という媒体に限定せず、DVDやインタ ーネットといった複数のメディアへ効率的に出力し、さまざまな用途に展開していく方法のことを指しています。近年、目覚ましいインターネット化に付随し、デジタル化も急展開している状況と言えるでしょう。これにより、企業の広告活動といったものも、テレビやラジオ、新聞や雑誌といったような昔ながらの「マスメディア」ではなく、ネット広告などといった新しいメディアを活用していく企業が増えていると言えるでしょう。さらに、電子書籍やスマホ、タブレット端末といった新しい機器の発達により、それぞれのデータ化も急速に発展を見せていると言えるでしょう。 これは、印刷産業からしてみると、発展途上分野とも言え、急速な取り組みが必要と言えるようです。しかし、印刷産業では、デジタル化へのノウハ ウやスキルというものは紙媒体だけではなく、webなどのネットメディアにも変換しやすいことも利点であると言えるでしょう。ネットのコンテンツ制作などは、次世代型と言え、新しい商法として確立する動きが見られるようになりました。まずはネット公開からスタートし、デジタル印刷のテクニックを応用して紙媒体へという流れも視野に入れていくべきなのではないでしょうか。 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめがおすすサイト

Feb 01 2019

時短de英会話

近年、何のコンテンツにおいても「ながら〇〇」といった方法が注目されているのはご存知でしょう。特殊技能とも呼べる語学でもそれは例外ではないといえるのではないでしょうか。最近、話題となって、記憶に新しいと言う方も多いであろうと思われるのが「聞いているだけ」の英会話習得教材ではないでしょうか。何かをしながら「聞き流す」だけで、英会話が身につくと謡っている教材、一度は興味を持ったことがある方もすくなくないのではないでしょうか。 しかし、テレビCMなどで見るたびに、本当にただ聞き流すだけなのに効果が得られるのかどうか、少し不安という方がほとんどなのではないでしょうか。こういった教材でオススメしたいのは、無料視聴CDなどを試してみるということでしょう。確かに、まったく英語に触れることのない生活をしている方にとっては、無意味ということはないでしょうが、お試しが可能なのであれば、やってみるに越したことはないでしょう。キャンペーンによっては、有償版を試せる場合もあるので、多くの会社から比較検討するとよいでしょう。仕事に家庭にオシャレにと忙しい女性なら、少しでも簡単に効率よく語学力が取得できるのは嬉しいですよね。似たような会社や教材をいっぺんに資料を集めてみるのも悪くはないでしょう。無料で体験してみてから、自身に合いそうであれば購入するもよし、ちょっと続けられなさそうであれば別の方法を考えるなど、決して安くない英会話取得にとっては嬉しい判断材料と言えるでしょう。効果については、ゼロとは言いませんし、すごくいいとも言いかねます。それは、それぞれのライフスタイルや、合う、合わないという点が大いに関係してくるものであると言えるからです。ぜひお試ししてみて選びましょう。具体的に海外旅行などがきまっているなどの目標があるかたは、迷っているよりまず行動してみましょう。ビジネスにとっても欠かせない英会話、是非自身に合った方法で取得していけると良いですね。  

Jan 18 2019
内定者フォロー

理念教育を深める内定者フォロー

目指すべき人材採用のポイントのひとつは、理念共感を深める内定者フォローである。 考えの中心を理念が伝わることにして、採用活動を行うと、理念共感度の高い人が集まる。したがって選考へと至る候補者も、自然と理念に共感してくれている人、あるいは共感している度合が高い人となるわけだ。 理念への共感度が高いということは、会社に好意をもっていることと同じである。会社のことが好きな応募者であれば、内定後のフォローも最小限で済む。その結果、フォローの負担が減ることになる。 手厚いフォローやイベントを検討し、内定を出した後の離脱を防ぐ対策をしている企業も少なくない。だが、それらが非効率的な採用活動の延長線上にあるということは見過ごせない。 また、レクリエーションイベントの紹介だけでは、連絡を取る必然が生まれにくいのだ。優秀だと認める人には早めの内定を出す企業が多いが、内定式までのフォロー期聞が長くなると、結局、連絡を取る必然がなくなってしまう。そうするうちに、いつの間にか他社を受けられてしまって、大手企業が内定を出す頃に、内定辞退通知が届くということがよくある。 理念に深い共感を示し、自社に深く共感してくれている人であれば、フォローや教育の効果が高まる。根底にある目的や目指すべきものを共有していることで、施策を理解しやすい。内定を出した後であっても、自社の理念や戦略などについての理解を深められる施策が必要である。自社の理念や戦略に即した事例を作成し、ワークショップをすると、企業の未来を考えるきっかけになる。 【徹底解説&比較】コスパ重視なIndeed代理店&基礎知識まとめ!