Category: キャリア

Feb 02 2019

ネット出版

女性の活躍する現代、会社勤めをしながらも「自費出版」で一攫千金を狙いたいといった方や、専業主婦ながらも、子育てなどのことを本として残したいといった方も少なくないのではないでしょうか。そこで、考えておきたいのが「クロスメディア」ではないでしょうか。これは、紙という媒体に限定せず、DVDやインタ ーネットといった複数のメディアへ効率的に出力し、さまざまな用途に展開していく方法のことを指しています。近年、目覚ましいインターネット化に付随し、デジタル化も急展開している状況と言えるでしょう。これにより、企業の広告活動といったものも、テレビやラジオ、新聞や雑誌といったような昔ながらの「マスメディア」ではなく、ネット広告などといった新しいメディアを活用していく企業が増えていると言えるでしょう。さらに、電子書籍やスマホ、タブレット端末といった新しい機器の発達により、それぞれのデータ化も急速に発展を見せていると言えるでしょう。 これは、印刷産業からしてみると、発展途上分野とも言え、急速な取り組みが必要と言えるようです。しかし、印刷産業では、デジタル化へのノウハ ウやスキルというものは紙媒体だけではなく、webなどのネットメディアにも変換しやすいことも利点であると言えるでしょう。ネットのコンテンツ制作などは、次世代型と言え、新しい商法として確立する動きが見られるようになりました。まずはネット公開からスタートし、デジタル印刷のテクニックを応用して紙媒体へという流れも視野に入れていくべきなのではないでしょうか。 本気で書籍を出版したい時に頼れそうな自費出版の業者まとめがおすすサイト

Feb 01 2019

時短de英会話

近年、何のコンテンツにおいても「ながら〇〇」といった方法が注目されているのはご存知でしょう。特殊技能とも呼べる語学でもそれは例外ではないといえるのではないでしょうか。最近、話題となって、記憶に新しいと言う方も多いであろうと思われるのが「聞いているだけ」の英会話習得教材ではないでしょうか。何かをしながら「聞き流す」だけで、英会話が身につくと謡っている教材、一度は興味を持ったことがある方もすくなくないのではないでしょうか。 しかし、テレビCMなどで見るたびに、本当にただ聞き流すだけなのに効果が得られるのかどうか、少し不安という方がほとんどなのではないでしょうか。こういった教材でオススメしたいのは、無料視聴CDなどを試してみるということでしょう。確かに、まったく英語に触れることのない生活をしている方にとっては、無意味ということはないでしょうが、お試しが可能なのであれば、やってみるに越したことはないでしょう。キャンペーンによっては、有償版を試せる場合もあるので、多くの会社から比較検討するとよいでしょう。仕事に家庭にオシャレにと忙しい女性なら、少しでも簡単に効率よく語学力が取得できるのは嬉しいですよね。似たような会社や教材をいっぺんに資料を集めてみるのも悪くはないでしょう。無料で体験してみてから、自身に合いそうであれば購入するもよし、ちょっと続けられなさそうであれば別の方法を考えるなど、決して安くない英会話取得にとっては嬉しい判断材料と言えるでしょう。効果については、ゼロとは言いませんし、すごくいいとも言いかねます。それは、それぞれのライフスタイルや、合う、合わないという点が大いに関係してくるものであると言えるからです。ぜひお試ししてみて選びましょう。具体的に海外旅行などがきまっているなどの目標があるかたは、迷っているよりまず行動してみましょう。ビジネスにとっても欠かせない英会話、是非自身に合った方法で取得していけると良いですね。  

Jan 18 2019
内定者フォロー

理念教育を深める内定者フォロー

目指すべき人材採用のポイントのひとつは、理念共感を深める内定者フォローである。 考えの中心を理念が伝わることにして、採用活動を行うと、理念共感度の高い人が集まる。したがって選考へと至る候補者も、自然と理念に共感してくれている人、あるいは共感している度合が高い人となるわけだ。 理念への共感度が高いということは、会社に好意をもっていることと同じである。会社のことが好きな応募者であれば、内定後のフォローも最小限で済む。その結果、フォローの負担が減ることになる。 手厚いフォローやイベントを検討し、内定を出した後の離脱を防ぐ対策をしている企業も少なくない。だが、それらが非効率的な採用活動の延長線上にあるということは見過ごせない。 また、レクリエーションイベントの紹介だけでは、連絡を取る必然が生まれにくいのだ。優秀だと認める人には早めの内定を出す企業が多いが、内定式までのフォロー期聞が長くなると、結局、連絡を取る必然がなくなってしまう。そうするうちに、いつの間にか他社を受けられてしまって、大手企業が内定を出す頃に、内定辞退通知が届くということがよくある。 理念に深い共感を示し、自社に深く共感してくれている人であれば、フォローや教育の効果が高まる。根底にある目的や目指すべきものを共有していることで、施策を理解しやすい。内定を出した後であっても、自社の理念や戦略などについての理解を深められる施策が必要である。自社の理念や戦略に即した事例を作成し、ワークショップをすると、企業の未来を考えるきっかけになる。 【徹底解説&比較】コスパ重視なIndeed代理店&基礎知識まとめ!

Jan 09 2019
プランディング

未だにマイナーな「プランディング」

ブランディングという概念は、日本においてはいまだに正しく浸透していな い。ブランディングという言葉を知っていても、内容を理解し実践している人はわずかではないだろうか。 ブランディングは、現代ではコピーやデザインが媒体間で統一されたプロモーションとして捉えられている傾向が強く、意昧がずれているといえる。もともと暖昧で難しい概念のために、正しく理解されていないのが現状である。ブランディングを構築するための一部分でしかないプロモーションには、「ホームページを格好良くしてブランディングする」などと言われることもあるが、それはブランディングの一側面でしかない。 企業活動の特徴として考えておかなければならないのは、「反復継続性」についてです。 反復継続できないものは事業とはいえない。少なくとも定期的に売り上げをあげられない以上、企業体として存続することはできない。そんな事情があるから、あらゆる企業は継続性について考える必要がある。どうすれば継続的に売り上げをあげることができるのかと考え続けることだ。 そのための方策として、ブランディングが活用される。中長期的な継続性をもつ効果のあるものを、短期的な効果しか生まないものよりも好むのは、いずれの企業でも同じである。採用においても、ブランディングが求められるのは、中長期的な成果が求められるからである。望ましい成果を得ることが可能なのは、ブランディングの発想を正しく理解し、実践すればのことである。

Jan 01 2019
免許

準中型免許

女性では珍しいと言えますが、準中型免許を取得するという事は、意外と生活の幅が広がるきっかけになると言えるでしょう。準中型免許は、ひとえに交通事故の削減を目的としていると思います。かつて普通免許で運転できる自動車は5tまで、いわゆる4tトラックと呼ばれる車まで運転することができました。すでに運転免許をお持ちの方はご存知の通り、自動車学校では一般的なセダンしか用いません。そのため、ほとんど運転したことがないようなトラックも突然公道で運転することができたのです。一般的な乗用車とは大きく異なる車両特性ですから、特別な教育を受けないで運転することは危険極まったことでしょう。 平成19年以前の通免許と大型免許の2種類のみだった時代には、自動車学校ではセダンしか運転したことがないのに、いきなり8t以下の自動車の運転が可能でした。一般的な8tトラックは全長がセダンの2.5倍近くもあり運転の感覚は全く異なるものだったでしょう。実際に、車両総重量5トン以上8トン未満及び11トン以上の自動車の保有台数あたりの死亡事故が多いという統計が各所で指摘されるようになった経緯がありました。 この免許制度改正以降、加速度的にこれらの重量の自動車の事故は減少していきました。しかし、それでもなお運転免許と自動車学校での車両の大きさには乖離がありました。そのため、交通事故の削減を目的として新たな免許区分が新設されることになりました。 これだけでなく、今度の新しい準中型免許は実際に運送業務の場で求められている車両である5t以上7.5t未満の自動車の運転に、それ以上の重量の運転技能も求められる中型免許取得を求めることは難しいとの判断もあったようです。 女性の社会進出が目覚ましい現代、今回の改正でも事故が減少することが予想されます。みなさんも安全運転を心がけ、免許取得を考えてみてはいかがでしょうか。

Dec 22 2018
従業員の行動

「従業員の行動」と「コミュニケーション」

「従業員の行動」と「コミュニケーション」がカギ 施策に一貫性がある企業は、ブランド構築が上手にできているために、ブランドイメージにも一貫性がある。イメージの一貫性を保つ工夫が必要だ。ただし、どれだけ優れたイメージが構築できていても、現場の対応が不十分ならば意昧がない。一貫性がないとうまくいかない。現場の従業員の行動が一貫していれば、ブランド構築は可能である。プロモーションをするなら、することがプランディングである。という認識は大きな誤解である。ブランドに関わる人すべてがブランドを生み出すと考えれば、プロモーションも含めて、そのブランド構築することに、一貫性がいかに重要であるかは明らかである。 実際、ブランド価値が短期間に失墜してしまう事例は、数多くあった。ブランド構築の公式は、それぞれの要素が掛け算となっている。つまり、どこかでマイナスが生じれば、全体がマイナスとなってしまうということである。 資金に余裕のある企業だけが採用活動を有利に進められる。と誤解されている場合があるものの、どれだけ資金を投資して、広告やイベントを実施しても、採用に関わる社員の対応が悪ければ、採用活動を成功させることはできない。だから、一貫性を意識することは、採用活動の全体最適を考えるうえで大切なのである。特に、インナーコミュニケーションを含め、従業員がブランド連想に寄与しているということが重要性であることをよく理解すること。採用市場という限定された環境だからこそ、効果を短期間で出すために大切なのは一貫性ということになります。ブランドの価値を高める採用活動に一貫性を持たせることで、候補者に持ってもらいたいブランドイメージを醸成しやすくなる。