0 Comments

将来性を見据えた子育てと「発達障害」

子供達の「発達障害」について、悩みを多く抱える親御さんたちは、子供たちの「障害」を受け入れることに、抵抗を感じているのかもしれません。子供たちの「発達障害」は、生まれながらにしてみられる脳の機能障害でありますから、子供たちの努力の足りなさや、怠惰によるようなものではありません。また、両親の教育や、しつけなどから、影響を受けているようなものでも決してありません。「発達障害」は、ひとつの「個性」などと考える専門家などもいますが、彼らの生涯の中で、まずは、何よりも誰よりも身近にいるご両親が、子供たちの「発達障害」を受け入れることで、その解決法などがスムーズに家庭を踏むようです。もちろん、子供たちが障害を抱えることに関して、悲観的になってしまったり、否定的になってしまう親御さんは、大勢いらっしゃるでしょう。そのような否定的であったり、悲観的な感情が生まれてしまうことは、自然な営みであります。ですが、障害を「悲観」したり、「否定」してしまっていては、何事も改善したり好転していきません。子供たちの障害を受け入れることで、何よりも子どもたちが、安心を得、そこからチャレンジしてみようという意欲が生まれていくなどと考えられているようです。「発達障害」を持つ子供たちは、周囲の子供たちから比較されることで、劣等感を持ってしまったり、自己肯定をできないまま、成長していくような子供たちが多いなどとも言われています。誰よりも、身近で、子どもたちを見守っている親御さん達が、まずは子供達を受け入れ、その障害を受容していくことが、子どもたちの将来に繋がってくるのではないでしょうか。