0 Comments

しっぽを追ったり靴を噛んだり

ストレス解消をするのに、しっぽを追ってぐるぐるまわるということをしているのだそうです。手近なおもちゃのような感じでしっぽを追っかけているそうです。何もすることがなくて退屈なときにやっているそうです。ぐるぐる、ぐるぐるとあまりにも必死で回っているので目が回るのではないかと心配になりますが、飽きたら適当にやめるそうなので放っておいてよいそうです。靴やスリッパを噛んでいるのは、おもちゃだと思っているからだそうです。それに靴などを持っているとご主人さまが本気追っかけてくるので、それもまた追いかけっこ気分で楽しんでいるそうです。靴は犬にとっては楽しいことだらけのようです。犬のおもちゃの中にも噛めるおもちゃがあるくらいなのでよほど好きなのかもしれません。犬は雪が降ると外に出たがるようです。これはいつもと違う景色に好奇心が湧くのと、広々とした平坦な場所が大好きな犬にとっては雪景色は理想の世界だそうです。踏んだ感じや足跡がついたり、食べることもできるといういつもとぜんぜん違う世界は犬にとってはワンダーランドといったところのようです。壁やドアに自分のからだをこすりつけているのは、毛を落としたいからだそうです。日本犬のような四季がある国で生まれた犬は春と秋に換毛するそうです。毛が抜け替わるのに、すっかり抜けきらないときなどが痒くて壁にこすりつけて毛を落としたりしているそうです。家の中を汚さないためにも、ブラッシングをしてあげるのがよいようです。犬が地面に穴を掘ったりしますが、あれは何かを埋めるためではないそうです。おとぎ話なんかでは骨を隠しておくみたいな行動がありますが、そもそも犬にはそのような習性はないそうです。犬が穴を掘るのは冷たい土を探してその上で寝転がるためだそうです。夏の暑い日の涼をとっているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です