0 Comments

「悪気はないんだろうけど…恋愛対象にはならないかな」なんて男性の発言、気になりませんか?きっと悪い人とは思われていないのに、どうしても恋愛対象としてみられないことが多かったり、結婚が遅れてしまっている女性というのは、もしかしたら「鈍感力」を使いこなせていない女性なのだと思います。

最近は結婚後も共働きを希望する男性のほうが圧倒的に多いようで、ひと昔前は当たり前とされた女性の「寿退社」というものはあまり見かけることが亡くなったと言えるでしょう。結婚後も結婚前と同じように働くことが新しく「当たり前」として浸透してきているようです。そこで、働く女性が気をつけておかなければならないポイントとして「貫禄のある話し方」「男勝りなイメージ」といったことが挙げられるでしょう。現代の多くの男性は保守的な人が多く、ふんわりとした雰囲気を持つ女性を好む傾向にあるようです。

そのため、バリバリのキャリアを持っていたとしても、雰囲気だけは隠しておいたほうが無難と言えるかもしれません。恋愛対象として考えたとき、お互いに結婚を視野に入れて考えるのではないでしょうか。その時、家でもこの調子で気を休められないというような印象を与えてしまっては、いつまでたっても恋愛対象に昇格することはできないでしょう。仕事はしっかりしていながらも結婚をした女性たちに話を聞くと、会話の秘訣として「ふんわりとした、まるでベールをかけるような話し方を心がけていた」というエピソードがあるようです。自分に嘘をつく必要はないですが、普段よりも少しだけこころに丸みをもって会話するのも良いのではないでしょうか。

神戸で婚活するなら? 結婚・お見合い相談所比較してみました | 自分磨きスクール101

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *