Month: April 2018

Apr 24 2018

結婚式場での仕事

美容師にとって結婚式場の仕事は一つの業務です。 しかしながら、美容室での仕事がひと通りできなければ、こなすことが難しいです。 花嫁さんを思い浮かべてみてください。ヘアスタイルも化粧も服装も、一般の美容室での仕事とは違うことがわかるでしょう。洋装、和装の両方におけるヘアスタイル、メイク、着付け、ヘアスタイルを勉強する必要があります。ですから、ここで働く美容師のほとんどが30歳以上が多いようです。 花嫁としても、若い美容師よりも、少し年配者の方が安心できる傾向にあるようです。 結婚式の仕事は、結婚という人生において最も大事な一日において一番輝いているときに女性をより美しくすることができるものであることには変わりありません。 そして、花嫁と一緒に花嫁衣裳選びからヘアメイクまでつくりあげるのは、幸せの連続と言えるでしょう。 また、美容師の仕事としてヘアメイクの仕事があげられます。 メイクアップアーティストのほとんどが美容師の資格を持っています。 一見華やかそうに見えるヘアメイクアップアーティストの正解ですが、かなりの体力勝負ということです。重たい道具を持ち歩いて仕事をしなければなりません。そういった働き方を長く続けるには、スキルだけでなく体力も必要になってくるのです。 なお、ポスターなどの広告にかける費用は多いですが、近年は広告費用の減少によってポスターなどにかける費用は年々減って来ています。収入は多くなったり少なくなったりしますが、知名度のあるヘアメイクアップアーティストになると、他の仕事と比べると収入は高い方と言えます。

Apr 23 2018

美容院の魅力

女性が美しさを保つためには、どれだけ自分に投資していくかが女性の魅力を極めるポイントになってきます。とくに年齢を重ねてくると、自分を主張する手段がヘアスタイルや洋服、ボディラインとなって来ます。自分を主張する手段がヘアスタイルや洋服、ボディラインというものになって来ます。女性がきれいでいるためには、自分に投資しているか否かが重要になって来ます。 そして、パーマやヘアスタイル、美容にお金をかける女性が増えている今、男性も女性もヘアスタイルやファッションを自分の魅力としてアピールしたい人も増えています。美容院では、お客様の持つ魅力や個性をヘアスタイルにいかに表すかということが大事です。そのなかで美容師はお客様の魅力や個性を引き出す創造者であるともいえます。自分の手で他の人の魅力や個性を作り出すことはとてもやりがいのある仕事が美容院なのです。 また、美容院というのは世界で活躍できる可能性もあります。国内外でヘアショーというものが行われています。海外のショーでは日本だけのヘアカットに称賛が上がることもあります。世界で仕事をする可能性は限りなく広く、美容師という仕事は自分の身一つで海外まで行くことのできる仕事なのです。 美容師の技術のレベルをはかるものとして、コンテストがあります。国内のものもあれば、海外で開かれる世界レベルのコンテストのものもあります。日本の美容師たちも、コンテストに出場しています。実は日本の美容師の技術は世界レベルなのです。

Apr 22 2018

美容院オーナーの役割

美容師の世界には雑誌やテレビなどのマスコミに出る人もいます。雑誌の仕事を頻繁にすると、それだけで名が知れ渡り、活躍の場が広がって来ます。マスコミに登場すると、一躍スターになれます。どんどん有名になり、居心地もよくなってくるのです。しかしながら、お店でお客様とコミュニケーションを取りながら、美容の仕事をするという本来の仕事がおろそかになってしまう可能性もあるので、注意が必要です。 美容師のオーナーであれば、マスコミに出て有名になるよりも、スタッフと一緒にお店を大きくしたいという人も多いものです。売り上げがある程度上がるようになったら、スタッフにそのお店をあげたい。若くて頑張る子をお店に入れて、その美容師を育ててお店を増やしてほしい。そう思うオーナーは多いようです。 オーナーの仕事として、マスコミに出ることよりも若手を育てて、お店を増やし活躍できる美容師を育てたいと思う人は、マスコミなどにはあまり出ず、経営に力を入れる傾向にあります。 また、オーナーの場合後進の指導が大事な役割になって来ます。そのため、コンテストに出場する機会を与えるなどの器の大きいオーナーである必要があるでしょう。技術が高められる環境を提供し、お店を休んでも、そういった機械を与える懐の深さが求められます。そのようなオーナーの姿勢は、若手を育てることができ、将来お店を任せられるスタッフの育成にも自然とつながることになるのです。結果的に短期的なしばりの多いスタッフ育成よりも、長期的にはスタッフがお店を担い、また同じようなスタッフを育成するということも起こりうるのです。

Apr 21 2018

美容師の学ぶ姿勢

美容師に限らず、世の中の多くの職業において、意識的に生活していれば、いつでも学びを得ることができます。 とくに、外を歩いて町の中を見ることは、意外と大切なことです。 家から外に出た際に学ぶことは沢山あるのです。 世の中にあるものすべてに、デザインや形、色があります。 それをただ当たり前のものとして見えるか、デザインを持ったものとして見るか。この違いがデザインを創造していく美容師には大きな影響を与えます。 それは美容師に限ったことではなく、どんな職業でも一緒になります。 学校や美容雑誌からだけでなく、日々の生活から学ぶことを忘れないようにしましょう。 そうすれば、学びが尽きることはありません。 多くの雑誌から学ぶことも大切ですが、他にも美容師の団体で学ぶという方法もあります。 たとえば、コンテストに出場することも一つの方法です。 コンテストに出場するとなると、1年間コツコツ勉強しただけのことが一気に身につくと言われています。 その場合は、それ相応の実力がなければいけませんし、お金も費やす必要があります。 美容師の世界にはデザインにしても、技術にしても正しい技術はありません。 仕事を通して自然と身についてくるものが、美容師の財産となります。 普段の生活のなかから、楽しく学んでいくっことが大事です。 楽しくレベルアップすることが大事なのです。

Apr 20 2018

美容師の修行期間

美容師という仕事は、最初の修行期間が厳しいことで知られています。 具体的にはまず、一年目はシャンプーとブロウを集中的にする必要があること。 二年目はカットからセットアップまでを学び、三年目はメイクから着付けの技術を習得することが必要です。 このように美容師は各美容院でだいたい3年下働きをする必要があります。 石の上にも3年といいますが、美容師の場合は3年がんばれば一人前と言われています。 なかには1年で一人前に育てるというところもあるようですが、それはかなり早い部類です。 普通は1年ではなかなか一人前にはなれません。 不可能ではありませんが、1年で一人前になる場合は、相当な努力が必要です。 短期間で技術を習得するケースもなきにしもありませんが、短期間ではお客様とのコミュニケーションという面で接客業に必要なコミュニケーション能力が不足することもあります。 美容師は美容のスキルだけでなく、接客業に必要なコミュニケーション能力が必要とされるのです。 さて美容師には若い人が多いと感じている人がいると思いますが、若い方ばかりがいるわけではありません。 美容師の世界はやればやるだけ経験になり、腕も上がってきます。 ですが年配の美容師であればあるほど、オーナーや役員になっているのです。 そして、現場は若い人に任せています。 しかしながら、美容師は美容という職業をしていることもあり、見た目が若い人が多いのが特徴です。 特に女性はいきいきしていて声まで若い人も少なくありません。 若い人と仕事をしているとその影響で若々しくなるということもあるでしょう。 美容師はいつまでも若さを保ちやすい職業と言えるかもしれません。

Apr 19 2018

美容師になるには

美容師になるためには何か適正があるのかと思われている人がいるようですが、そのような心配をする必要はありません。 人と話すことがうまくならなければならなうぃ、センスがよくならなければいけないなど、色々考えすぎる傾向がありますが、そんな心配はまったく必要ありません。 また不器用な人は美容師になれないと思われがちですが、不器用な人でも美容師になる人はいます。 逆に器用な人の中には、なまじ器用で色々できてしまうために努力をしないケースもあります。 そういう場合は、あまり腕が上がらない可能性もあるのです。 どんなに不器用でも、技術の訓練次第で腕をあげられるもの。 自分に向いていないと思っても、時間を費やして努力すれば、自然に仕事ができるようになるものなのです。 最終的には美容院で働く美容師さんはやる気、根気、努力などが大事になります。 器用でなくても、基本さえきちんとレッスンを受けていれば、努力次第で技術は確実にレベルアップできるのです。 美容師になるには学費はかかりますが、学費以外はほとんどお金がかかりません。 それはどの美容学校に行っても同じことです。 同じことを勉強するので、学費の安い学校を選べば、学費は安くすみます。 美容師の場合は、免許を取ることで何歳からでも仕事できます。 また、美容院で働くこともできます。 もちろん、最初は給料も何とか生活できる程度でしょうが、それは最初の修行期間だと思って努力することが大事です。 努力できる人は腕があがり、指名を受けることができるようになるでしょう。 指名される回数が増え、お客様も増えて行けばお給料に反映される可能性が増えていきます。 またそうなれば、独立することも将来的に可能になるはずです。