Category: Uncategorized

Mar 21 2019
甜菜糖

顆粒調味料と包装容器

顆粒状の調味料は調味料自体の製造にも技術を要しますが、調味料を入れる容器も簡単に作ることが出来ません。それは顆粒の大きさと関係しているのです。顆粒は粉末状でないことから、内部に空気を含んでしまいます。ですから汁に振りかけても沈んだり溶けたりせず、表面に浮かんで消えないことも珍しくありません。顆粒の表面は滑らかではなく、その表面が水と親和的でなければ溶け入ってくれないのです。実はこの厄介な現象をなるべく抑制するために、予め分散財を配合した調味料も存在しますが、味が劣ることは避けられません。分配材を使わずに、色々な手段で調味料と水の親和性を高めているのが実情です。一方、包装容器メーカーも顆粒については苦慮しています。典型的な工夫としては、振り出し口の穴の大きさと数を、実際に振り出される調味料が適度に分散されるように調節していることが挙げられます。顆粒の大きさは大体決まっていることから、経験的に定めているとも言われており、メーカーの腕の見せ所となっています。 容器の材質は様々ですが、プラスチックやガラスが散見します。ガラスは重いのが難点ですが、高級感を生み出します。プラスチックは軽くて使い勝手が良いのですが、燃焼時のダイオキシン等は懸念されるところです。 さて、食品の包装容器に必ず見られるものと言えば、商品名だけではありません。その食品の素性を細かく書き記したデータが必ず張り付けられています。いわゆる「食品表示」と言われるものです。記載しなければならない事項は法で定められており、品名、形状、大きさ、個数、原材料、内容量、賞味期限、製造業者、会社の所在地等です。

Mar 14 2019
骨壺

骨壺の選び方

納骨堂に納骨を依頼する際、遺骨を裸のまま預けるわけにはいきません。必ず専用の入れ物、つまりは骨壺に収めた状態で手渡すことになります。その骨壺の選び方をご存知でしょうか。大事な故人の遺骨を入れる壺ですから、適当に準備することだけは避けたいものです。ここでは骨壺について、簡単に説明することにします。 骨壺は大別して、全収骨タイプと一部収骨タイプとに分けることが出来ます。どちらを選ぶべきか、地域の習慣や宗派によって異なるため、事前に調べておくのが無難です。大きさも地域によって異なります。全収骨タイプなら、24センチ程度でしょう。一部収骨タイプであれば、18センチ前後が平均です。日本全体で見ると、関東以北は全収骨タイプが一般的であることが分かりますし、関西より西は一部収骨になっています。よくあるミスとしては、「少し大きめ」の骨壺を買おうとすることです。大は小を兼ねると考えての行動ですが、これには陥穽があります。納骨堂の納骨スペースはとにかく狭いので、大きな骨壺が入らないこともあるのです。遺骨を骨壺に入れただけでは解決しないという当たり前の事実を、きちんと認識しておくことが大切です。 骨壺にも当然デザインの概念があります。デザインの良いものが、大きさも妥当である必然性はありませんし、地域の慣習に馴染まないこともあります。例えば骨壺の蓋に特徴的な彫像があしらわれているものを見かけますが、大きさを考慮していないものもあり、場合によっては納骨できないことがあります。ただデザインを重視する人は、実用的かどうかを抜きにして、手に入れたいこともあるでしょう。その場合は、手元供養という手段が考えられます。 公園墓地のおすすめ:公園墓地.jp

Mar 02 2019
店舗デザイン

知的財産権と店舗デザイン

女性の活躍する場が多くなった現代、自分のお店を持ちたいという夢を抱えている女性も少なくないのではないでしょうか。自分のお店を考えるとき、女性なら特に店舗デザインというものにはこだわりがあるのではないでしょうか。店舗デザインというのも意匠である以上、知的財産権との関わりが生じます。資料として実在する店のデザインを参考にする際、経営者もデザイナーも盗作しないように注意する必要があります。特許庁の方針は知的財産権の保護を徹底することですから、今後も意匠権の対象が広がるものと予想されます。店舗デザインに関わる関係者の方々は、法的制約を事前に学んでおきましょう。 意匠権については、日本は決して先進国ではありません。文芸作品のそれは昔から意識されてきましたが、家電等に関して同様の権利意識が芽生え始めたのはつい最近のことなのです。ですからその他のデザインについては言わずもがなで、過去の優れたデザインが海外に流出する事態を見過ごしてきたのが実態です。店舗デザインも例外ではなく、悪質な盗作が相次いで発生してきました。特に和風の店舗デザインはクールジャパンの一つとしてブランド力を有することから、今後は一丸となって意匠権の保護に邁進するものと思われます。現に、意匠法改正案の提出も検討されているのです。 知的財産権の先進国である欧米を見てみましょう。彼らはパソコンやコーヒーを巧みにブランド化し、それらを販売する店舗のデザインも凝ったもので統一してきました。日本の消費者はその洗練されたデザインに魅了され、購買意欲を掻き立てられてきたのです。日本の企業もその後追いに懸命になっており、店舗デザインはマーケティングの重要な戦略として位置づけられています。ですから店舗の内装や外装に知的財産権が発生するという認識は業界内で確実に広まっており、各所で裁判沙汰になっています。過去には東京地裁も不正競争防止法を持ち出して、有名な店舗デザインの悪用を停止するように命じています。  

Jan 11 2019
過払い金の相談

過払い金はプロに相談

消費者金融系のカードに関する過払い金については、自身でなんとかしようとせず、法律事務所などを訪問し、その道のプロにお任せすることが望ましいのではないでしょうか。具体的には、消費者金融関係を専門としている弁護士であったり、司法書士と言った人にお任せしましょう。複雑な金額の計算や、消費者金融会社とのやりとりを全て代わりにやってもらえるということは、雑務的な負担が少ないだけでなく、気持ちの上でも心強いと言えるのではないでしょうか。この業務を担当してもらう弁護士さんには、最終的には報酬金を払う事になりますが、これは、自分自身に戻ってきたお金によって額が大きく異なるようです。必要経費と考え、心労や雑務を考えると、このように弁護士さんなどに依頼した方が得策であるといえるでしょう。消費者金融というものは、素人に対しては強く出ることができますが、法律・金融の専門家である弁護士や司法書士に対しては、そうはいかず、下手に出るほかないというのが実情なのではないでしょうか。そのため、積極的にこのような専門の人たちを頼り、過払い金の返還に取り組んでいくことが望ましいと言えるでしょう。特に、相手が女性であると分かった場合、消費者金融会社の態度はかなり強気で対応されかねませんので、多少お金はかかったとしても、プロフェッショナルに相談するのが最善でしょう。また、過払い金が戻ってくるほかに、現在の借金の残高を減らすということも可能な場合があるようです。こういったことも考えると、自力で対応するよりも、まずは相談してみるのが良いのではないでしょうか 。  

Jan 05 2019
過払い金請求

消費者金融の過払い金

消費者金融を相続に過払う金にやり取りをするときは、向かいから送られてきた取引の履歴書を必ず保管しておき、それに基づいて自分自身や、また弁護士などに頼みが過払金がいくらになっているかどうかを計算しておきますお勧めします。信用がおかしいかどうかは全然わかりませんが、インターネットなどの、消費者金融システムのクレジット会社とその間の取り引きの履歴を、フォマット上に入力すると、過払い金額の金額が計算できるようなようなアプリやオンラインソフトもあるようです。必然的に、正確であるわけではないでしょうが、使ってみるのも良いかもしれません。また、消費人金融システムクレジットカードを専用として計算ソフトを活用することで、複雑な計算式も簡単に計算することができるわけです。かし、注意しておいた方がいい、消費者金融系のクレジットカードで過払い金を請求をして、過払いが振り込まれた後、その会社と買取ができなくなるケースもありますありがとうございます。これは、消費者金融によって、やはり対応しているようなので、あらためて知っていませんがないでください。トラブラルを招かないようにも、女性らしい健やかでかしこいライフスタイルを目指しましょう。

Dec 26 2018
消費者金融

消費者金融

インターネットなどで消費者金融について検索すると「消費者金融システムのクレジットカードでキャッシングを長年続けてきて、過払い金を請求したところ、強めの口調で切断されました」といった口コミや「消費者金融システムのクレジットカードの過払い金請求などは、弁護士にお願いするのが最善か?」といったような質問を多く目にするのではないでしょうか。相手がクレジットカード会社の場合、過払い金があるかどうかということや、その合計額などは、問い合わせると比較的スムーズにメールやハガキでやり取りすることができます。実際に請求をした多くの人が過払い金を変換してもらっている事実からも、納得できるでしょう。会社によっては、情報を素早く提示してくれ、このような問合せに対してスムーズに取引履歴や計算書のやり取りを行っていることが、企業のイメージアップに繋がると考えているのではないでしょうか。また、こういった部分が、クレジットカード会社の特徴であるとも言えるでしょう。しかし、消費者金融システムのカード会社となると、計算書などは、ほんとどの会社が出ましてくれないという事実があるようです。一般的にキャッシングとは、利息変更などの際、必ず計算書を送付し、債務者側に変更を知らせることが必要になってくるはずです。しかし、このような基本的なこともしないくせに、利息を上げているような会社もあると聞いたことがあります。大手の消費者金融システムのクレジットカード会社でも、このような実態が明らかになることが増え、改善されてきたようですが、まだまだ不十分な点は多く、自身できちんと調べておかなければ、大きな損をしてしまうことにもなりかねないのではないでしょうか。女性として、正しい知識と工夫で、よりよい生活を目指しましょう。