0 Comments

中鎖脂肪酸とサプリについて

中鎖脂肪酸というのは、炭素どうしの二重結合を持たない飽和脂肪酸だそうです。飽和脂肪酸は、炭素を結ぶ鎖の長さによって、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けられるそうです。中鎖脂肪酸というのは、水に溶けやすく、融点が低い性質を持っているそうです。母乳、牛乳、パーム油、ココナッツ油に豊富に含まれているそうです。中鎖脂肪酸は脂肪酸の中でも最も中性脂肪になりにくいものだそうです。体内に余分なエネルギーを溜め込まないそうです。中鎖脂肪酸というのは、消化・吸収のために胆汁酸を必要としていないそうです。小腸にそのまま吸収されて、門脈を経由して直接肝臓へ運ばれるそうです。そしてそこで素早く分解されるということだそうです。要するに摂取してからのエネルギーが効率よく利用されるということで、脂肪がつきにくいという効果があるそうです。中鎖脂肪酸というのは、血液中の乳酸の濃度を下げるということで、運動による疲労を和らげてくれるそうです。そのため、持久的な運動能力を高めてくれるともいわれているそうです。運動持久力が高くなる理由としては、脂肪のエネルギー源として、中鎖脂脂肪酸の利用が高まるからだそうです。糖質の代わりに脂肪をエネルギー源にすると乳酸が筋肉に蓄積しないそうです。中鎖脂肪酸摂取によって、血液中のアディポネクチンの濃度を上昇させるという試験の結果があるそうです。アディポネクチンというのは、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンだそうです。メタボリックシンドロームのリスクがある人が、体脂肪、内臓脂肪面積、ウエストが減少したという結果もあるそうです。(3ヶ月摂取)。過剰に摂取すると下痢や嘔吐などの胃腸の不調などがあるため要注意だそうです。