0 Comments

草花に「美」を意識する人々

フラワーアレンジメントは、色彩やそのデザインを楽しみながら、草花をデザインすることができますが、草花の「香り」も、その表現の一つになります。花々や草や木々などは、よく絵画などで描かれていますが、そのような絵画など二次元的楽しみに加え、実物の花をデザインし見て楽しむ3 D 的な楽しみが、フラワーアレンジメントにはあるのですが、さらには、その香りまでも楽しめる4 D 的な要素も持った芸術であるのです。日本では、古来から自然における草花を生けることに関して、生け花は「美」 そのものであるといったような認識を持っていたようです。世界各国の多くのフラワーアレンジメントも同じように、そのような美を追求したものであると考えられています。様々なフラワーアーティストによる独自性やオリジナリティによって、同じ花材であっても、その表現方法は異なりますが、人々が花を生ける際に、「美」を意識することは全くの変わりはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です