0 Comments

顆粒状の調味料は調味料自体の製造にも技術を要しますが、調味料を入れる容器も簡単に作ることが出来ません。それは顆粒の大きさと関係しているのです。顆粒は粉末状でないことから、内部に空気を含んでしまいます。ですから汁に振りかけても沈んだり溶けたりせず、表面に浮かんで消えないことも珍しくありません。顆粒の表面は滑らかではなく、その表面が水と親和的でなければ溶け入ってくれないのです。実はこの厄介な現象をなるべく抑制するために、予め分散財を配合した調味料も存在しますが、味が劣ることは避けられません。分配材を使わずに、色々な手段で調味料と水の親和性を高めているのが実情です。一方、包装容器メーカーも顆粒については苦慮しています。典型的な工夫としては、振り出し口の穴の大きさと数を、実際に振り出される調味料が適度に分散されるように調節していることが挙げられます。顆粒の大きさは大体決まっていることから、経験的に定めているとも言われており、メーカーの腕の見せ所となっています。

容器の材質は様々ですが、プラスチックやガラスが散見します。ガラスは重いのが難点ですが、高級感を生み出します。プラスチックは軽くて使い勝手が良いのですが、燃焼時のダイオキシン等は懸念されるところです。

さて、食品の包装容器に必ず見られるものと言えば、商品名だけではありません。その食品の素性を細かく書き記したデータが必ず張り付けられています。いわゆる「食品表示」と言われるものです。記載しなければならない事項は法で定められており、品名、形状、大きさ、個数、原材料、内容量、賞味期限、製造業者、会社の所在地等です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *