0 Comments

未だにマイナーな「プランディング」

ブランディングという概念は、日本においてはいまだに正しく浸透していな

い。ブランディングという言葉を知っていても、内容を理解し実践している人はわずかではないだろうか。

ブランディングは、現代ではコピーやデザインが媒体間で統一されたプロモーションとして捉えられている傾向が強く、意昧がずれているといえる。もともと暖昧で難しい概念のために、正しく理解されていないのが現状である。ブランディングを構築するための一部分でしかないプロモーションには、「ホームページを格好良くしてブランディングする」などと言われることもあるが、それはブランディングの一側面でしかない。

企業活動の特徴として考えておかなければならないのは、「反復継続性」についてです。

反復継続できないものは事業とはいえない。少なくとも定期的に売り上げをあげられない以上、企業体として存続することはできない。そんな事情があるから、あらゆる企業は継続性について考える必要がある。どうすれば継続的に売り上げをあげることができるのかと考え続けることだ。

そのための方策として、ブランディングが活用される。中長期的な継続性をもつ効果のあるものを、短期的な効果しか生まないものよりも好むのは、いずれの企業でも同じである。採用においても、ブランディングが求められるのは、中長期的な成果が求められるからである。望ましい成果を得ることが可能なのは、ブランディングの発想を正しく理解し、実践すればのことである。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です