0 Comments

インターネットなどで消費者金融について検索すると「消費者金融システムのクレジットカードでキャッシングを長年続けてきて、過払い金を請求したところ、強めの口調で切断されました」といった口コミや「消費者金融システムのクレジットカードの過払い金請求などは、弁護士にお願いするのが最善か?」といったような質問を多く目にするのではないでしょうか。相手がクレジットカード会社の場合、過払い金があるかどうかということや、その合計額などは、問い合わせると比較的スムーズにメールやハガキでやり取りすることができます。実際に請求をした多くの人が過払い金を変換してもらっている事実からも、納得できるでしょう。会社によっては、情報を素早く提示してくれ、このような問合せに対してスムーズに取引履歴や計算書のやり取りを行っていることが、企業のイメージアップに繋がると考えているのではないでしょうか。また、こういった部分が、クレジットカード会社の特徴であるとも言えるでしょう。しかし、消費者金融システムのカード会社となると、計算書などは、ほんとどの会社が出ましてくれないという事実があるようです。一般的にキャッシングとは、利息変更などの際、必ず計算書を送付し、債務者側に変更を知らせることが必要になってくるはずです。しかし、このような基本的なこともしないくせに、利息を上げているような会社もあると聞いたことがあります。大手の消費者金融システムのクレジットカード会社でも、このような実態が明らかになることが増え、改善されてきたようですが、まだまだ不十分な点は多く、自身できちんと調べておかなければ、大きな損をしてしまうことにもなりかねないのではないでしょうか。女性として、正しい知識と工夫で、よりよい生活を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *