0 Comments

通学ではなく合宿を選択する動機の一つが「出会いを求めて」であることも確かでしょう。若い人同士が短期間とはいえ寝食を共にするわけですから、普段異性はもちろん、同性とも話す機会に恵まれていない学生が、期待を秘めつつ集まっていることもあるでしょう。通学では見ず知らずの人と仲良くなる機会は中々訪れません。受講時間を除いて教習所に長居することはありませんし、相手も合宿ではなく通学を選んでいる以上、話しかけられたくない人なのかもしれません。こちらから不自然にアプローチすることはできず、教習所で孤独に過ごす人も少なくないのです。対して合宿はコミュニケーションを取りやすい環境に恵まれています。もちろんナンパ目的のアプローチは論外ですし、相手が気乗りしないのに無理に話しかけるのは避けなければなりませんが、合宿という状況下で会話が生まれないことの方が不自然であり、本気で友達を作りたい人は期待して良いかと思います。

受講生同士のコミュニケーションを成功させるためには、学校の選択も重視しましょう。男女比率が偏っていたり、指導員が年輩の人であったりすると、話題に事欠き、会話の機会が少なくなってしまいます。指導員の年齢を考慮するのは意外に思われるかもしれませんが、実は指導員は会話のネタにされやすく、若い指導員ほど注目される傾向が顕著です。また地元から近い学校の方が話題を見つけやすいのでお薦めします。地元の話題は賛同を集めやすく、卒業後もそれを縁に再会することができます。

上述したように合宿は通学に比べて会話する機会に恵まれます。しかしながら会話したからといって皆と仲良くなれるわけではありません。関心を持たれなければ諦めるのが肝要です。

おすすめの合宿免許のサイト:https://www.lawson-drive.jp/

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *