0 Comments

日本の美容院は小規模、中規模、大規模の3タイプにわけられます。

小規模というのは、1人とか2人で営業している美容室です。美容室全体の80パーセントが小規模な美容室です。
お客様はすべて、そのお店のオーナー個人についていますので、若い技術者が入っても、すぐには仕事がないということがあるかもしれません。
また、小規模すぎると色々なことを学ぶ機会がすくない可能性があります。
そのため、5~6人の中規模な経営をしているところが良いでしょう。
人数が多すぎると、どうしても手持ち無沙汰な人が出てきますが、5~6人を経営をしている場合にはそうなりません。
学ぶ機会も増えますし、情報も多く入ります。
店長とベテランの技術者との距離が近いのも特徴でしょう。
しかしながら、オーナーにやる気がない場合は、学ぶ機会が減ってしまう可能性もあるので気を付けましょう。
また、より規模の大きい美容室の場合、美容室のシステムが全く違って来ます。
よりシステマチックな傾向で、大都市のデパートの中などにあることが多いのが特徴です。
大規模な経営をされている場合には、研修や講習会などもあるでしょう。
ただし、大規模店はメリットが大きい分、デメリットも大きいと言えます。

いずれにしても、自分に合っているかを見学したり、面談したりするなかで選ぶようにしましょう。
そうでなければ、自分に合わないところに就職してすぐ辞めてしまうという間違いも起こり得ます。
3年から5年は頑張る必要がある修行期間を実のあるものにするには自分次第ということなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *