0 Comments

アンチエイジングの化粧品の成分の一つである、ビタミンAを精製したレチノールは、当初消費者に浸透しませんでした。
しかしながら、99年に入って注目されるようになったのは、消費者側の意識の変化が挙げられます。

しわは老化による現象だけでなく、生活環境、不規則な生活、紫外線などの影響が大きいからです。
アンチエイジングは年配の女性の問題ではなく、アンチエイジングという単語は幅広い年齢層に浸透することになりました。
レチノールは「しわに効く」という認知がメーカーのPRによって、広がったことも成功の要因として挙げられます。
なお、コラーゲンもアンチエイジングの成分として注目されていましたが、狂牛病の影響により牛由来のものが使えなくなりました。そのため、メーカーは豚や魚のコラーゲンを使用するようになりました。

アンチエイジング化粧品は年配女性向けに続々と発売され、かつてなかった認知度も上がり、市場に確固たる地位を気づきました。
コーセーの「グランデーヌ」、カネボウの「エビータ」など40~50代の女性をターゲットとした化粧品がアンチエイジング商品の中心的な存在となっています。

一方、30代の早い段階でアンチエイジングを行いたいというニーズもあり、若年層の潜在的なニーズは大きいと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *