Category: ラーフ

Jan 17 2019
リサイクル

日本製品の価値

昔は使っていたけれど、今では使わないミシンも買取店で現金化することができます。あまり男性では見られないでしょうが、女性にはこういった方もおおいのではないでしょうか。このミシン、日本製品というだけで海外ではブランドになっているという現実があります。特に「ジャノメ」や「ブラザー」は大人気です。20年以上前のミシンはとても高価だったようです。今はコンパクトで安価な卓上ミシンが普及しているために昔の機種はほとんど作られていないのです。そのため、昔のミシンは ヴィンテージとしての値打ちがあります。特に、メーカー名と型番がわかると高く売れるための必須条件となります。売るときに、これらを伝えると具体的な金額がわかります。困ったときは、ぜひ、これを試してみましょう。足踏みミシンは、例えかなり旧製品であっても売れます。ミシン本体が、むき出している型だけではなく、机の中に納まっている型もあるのです。これは、店によって、査定額が異なります。事前に確認しましょう。というのも、せっかく持ち込んだのに「買取はできません」と言われるのは、時間が無駄になり、嫌な気持ちにもなるからです。昔のミシンではなく卓上型については、状態がきれいであったり年式が新しいと査定額が大きく変わります。古くてキズがあると、修理をしても再販売が難しいのです。説明書もないと査定額が激減します。注意が必要です。ミシンに関しては処分費用を払う必要がありません。ほとんどの買取店で買い取ってもらえるのです。バラバラになってしまったモノは、自治体に500円を払うと解決できます。回収業者でも処分はできます。しかし、ミシン一台だけなのにこれほどやってくれるところは自治体ほどはないのです。買取店や回収業者の場合、人件費や運搬費がかかるためです。  

Jan 03 2019
携帯電話処分

携帯電話の処分方法

リサイクルショップなどに携帯電話を売るときには、個人情報を完全に消去することが必要です。今や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)がすっかり浸透し、個人情報を悪用した犯罪が、増えてきています。そのため、自分の身を守るために、データ消去を徹底するのです。特に女性の場合、犯罪などで狙われやすい可能性もあるので注意しましょう。もし自分でできない場合は、携帯電話販売店で消去してもらえるのです。電源が入らないモノでも、携帯電話を専門に買取るところは、たくさんの電源アダプターを装備しているので、データ消去も問題なくできるのです。スマホ(スマートフォン)を使う人が以前に比べて増えてきました。携帯電話を2台持つ人が増えました。会社では10台以上のガラケー(ガラパゴス携帯、スマホ登場前の「普通の携帯電話」のこと、または世界基準とは異なる変化をした日本製の携帯電話)を法人契約することもあります。「固定→携帯」への移行で、通信費を安くする、ということなのです。また、スマホの使用が面倒でメールと電話ができればいい、ガラケーで十分、と考える人がいます。そのため、中古の携帯電話でもお金に換えることができます。「最低でも100円から買い取ります」というように、ブックオフなど大手の買取店でも力を入れているのです。年式が新しいこと、メーカー品であること、きれい、型番がわかることが高く売るコツなのです。これも、店が新たな購入希望者に再販しやすいからなのです。日本製の携帯電話は海外品より精密といえます。壊れている商品でも、内部に基盤がはいっています。そのために、価値があるのです。買取店側も、お客様に来てもらうために、ホンの気持ちですが、値段をつけるのです。店の利益は大したことがないということです。

Dec 03 2018
パソコン処分

パソコンの処分方法

古くなって、使わなくなったパソコン(デスクトップ型・ノート型)を、家の中に長い間置いたままになっていることはありませんか?パソコンは、処分費用を払わないで、買取店へ持ち込むのが良いでしょう。その前に、個人情報保護の観点から、データや画像などを完全に消去することが基本となります。特に女性の場合、悪用されたり、犯罪に巻き込まれてしまう可能性も考えられるため、気を付けて処理しましょう。パソコンのスタート画面で、初期設定に戻すことが一番手っ取り早い方法です。自分でできない場合は、店員に「データ消去をお願いします」と伝えるだけで、大丈夫です。電源が入らない場合も、店員に相談してみましょう。パソコンも資源有効利用促進法によって、自治体では処分できないのです。パソコンを高く売るにはどうすればいいでしょうか。年式が新しいことが重要です。検索がサクサクとできるパソコンは、査定額も高くつきます。購入希望者は多いようです。アップル社の「マックブック」は、現在でも人気があるようです。デザインがおしゃれなのです。ノート型は軽くて持ち運びしやすいからです。デスクトップ型は「仕事でのヘビーユーザー」に人気のようです。古いパソコンでも現金になるのです。買取店が修理をします。購入希望者に再販できるからなのです。ウインドウズ7搭載の中古品が1万円で売れる場合もあります。店によって金額差があります。店に持ち込むか、電話で査定額を確認してみましょう。少しでも高く売れるようにするにはどうすればいいでしょうか。店員には「年式が新しいこと、動いていること、キズがないこと」を強調することがポイントです。そして、明確な金額を知るために、「メーカー名・商品の型番・大きさ」を伝えましょう。売れなかったときには、家電量販店が良いです。