0 Comments

過払い金の仕組み

利息制限法を超えた利息を設定しても、出資法の上限利息を超えなければ、刑事罰は科せられないそうです。

利息制限法と出資法の上限利息の間の利息をグレーゾーン金利というそうです。これは民事上無効なのだそうですが、刑事罰は科せられないということで、そう名付けられているそうです。貸金業者はこのグレーゾーンの利息を設定して、違法に利息をとっていたそうです。

これが過払い金ということになるそうです。つまり過払い金はこのグレーゾーン金利が正体といえるそうです。

支払いすぎた利息を元本に充当していくということだそうです。元本を超えて利息を払っていることがあるということで、これが過払い金の仕組みとなるそうです。どうして、グレーゾーン金利の利息を貸金業者は設定いたのでしょうか。利息制限法の違反なのに、です。