0 Comments

リサイクルショップなどに携帯電話を売るときには、個人情報を完全に消去することが必要です。今や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)がすっかり浸透し、個人情報を悪用した犯罪が、増えてきています。そのため、自分の身を守るために、データ消去を徹底するのです。特に女性の場合、犯罪などで狙われやすい可能性もあるので注意しましょう。もし自分でできない場合は、携帯電話販売店で消去してもらえるのです。電源が入らないモノでも、携帯電話を専門に買取るところは、たくさんの電源アダプターを装備しているので、データ消去も問題なくできるのです。スマホ(スマートフォン)を使う人が以前に比べて増えてきました。携帯電話を2台持つ人が増えました。会社では10台以上のガラケー(ガラパゴス携帯、スマホ登場前の「普通の携帯電話」のこと、または世界基準とは異なる変化をした日本製の携帯電話)を法人契約することもあります。「固定→携帯」への移行で、通信費を安くする、ということなのです。また、スマホの使用が面倒でメールと電話ができればいい、ガラケーで十分、と考える人がいます。そのため、中古の携帯電話でもお金に換えることができます。「最低でも100円から買い取ります」というように、ブックオフなど大手の買取店でも力を入れているのです。年式が新しいこと、メーカー品であること、きれい、型番がわかることが高く売るコツなのです。これも、店が新たな購入希望者に再販しやすいからなのです。日本製の携帯電話は海外品より精密といえます。壊れている商品でも、内部に基盤がはいっています。そのために、価値があるのです。買取店側も、お客様に来てもらうために、ホンの気持ちですが、値段をつけるのです。店の利益は大したことがないということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *